ハイドロキノンで美白!

薬で美白のためのスキンケア

スキンケアをする際に気になってくるのが、シミやそばかすのお悩みです。紫外線が原因となりますので日焼け止めや日傘などでUVケアをすることも大切ですが、それだけで防ぐことはできません。
すると美白対策をしなければいけないことになります。たとえばシミやそばかすをすぐに除去するためには、レーザーを使うという方法もあります。
ただ、レーザーはどうしてもその場所にダメージを与えてしまうため、かえってシミなどができやすくなるという話も聞きます。
そこで、薬を使って美白効果を狙うという方法がおすすめです。薬ですから効果効能も認められています。
それではどういった薬がよいのでしょうか。まず検討したいのはハイドロキノンという成分の入ったものです。ハイドロキノンはメラニン色素を消してくれますので、シミなどの予防だけでなく、すでにできたシミやそばかすにも効果を発揮してくれます。
ただし強い成分ですので、医療機関で指導を受けながら使うことをおすすめします。もう少し弱い効果でもよければ、ハイドロキノン配合のコスメも販売されています。

もう一つ、トレチノインという成分も注目されています。シミだけでなくシワにも効果があります。これはビタミンA誘導体といって、ビタミンAをお肌にしっかり届ける成分です。
これによりピーリング効果がありますので、お肌の再生を促すことができます。ハイドロキノンと組み合わせることで、メラニン色素の消えた新しい肌を取り戻すことができるわけです。
あるいはL-システインやビタミンC、ビタミンEなどの入った薬を飲む、という方法もあります。どれも美白スキンケア効果があります。ただしハイドロキノンのような即効性はありませんので、地道に取り組むスキンケアとなります。