ハイドロキノンで美白!

ハイドロキノンのパワーは美白効果

お肌の肌色を明るくしたいと願う方に確実な効果で美白作用を与えてくれるのが、ハイドロキノンの成分です。
美容皮膚科でも患者に積極的に使用しているハイドロキノンは、肌の漂白剤と称されるように美白効果に顕著な効果をもたらしてくれます。
またハイドロキノンを使用してから効果を実感できまでの期間は短く、即効性に優れているためとても人気のある成分です。
ハイドロキノンの成分によって美白効果をえることができるメカニズムは、メラニン生成の抑制が大きいです。
お肌に一度現れたシミには、ビタミンC誘導体やβアルブチンのパワーをしのぐ効果で満足いく対処を行うことが可能です。
ですから年齢とともに出来たシミにかかわらず、ホルモンバランスの変化で起きる左右対称に症状の出る肝斑の改善にも役立ち、そばかすにも改善を期待することができるのです。
美容皮膚科で処方されるハイドロキノンは高濃度なのが特徴です。
一般的な化粧品では、このハイドロキノンは1パーセントから約2.5パーセント前後で配合されており、個人が日ごろのお手入れで使用する濃度としては、安全な濃度であるといえます。
スキンケア用品によってハイドロキノン成分を取り入れる場合、ドクターズコスメに属しているものが安心して使用できるのは、ハイドロキノンの成分が、紫外線や光、熱などの影響を受けやすい成分でもあるからです。
また浸透性においても同じことがいえます。
もうひとつ濃度が上がるほど優れていると考えるのは、誤解です。
5パーセント以上の濃度になると刺激をもたらすなどの肌リスクがあります。
このため過度の高濃度を宣伝文句にした化粧品には、注意が必要です。
専門の医療機関で用いる適切な高濃度と、個人で用いる低濃度が美白の作用を発揮します。